技術紹介

金型設計・製作

富士合成株式会社トップ > 技術紹介  金型設計・製作

流動解析ソフト(CAEシステム)導入。納期短縮、コスト削減が可能です。

金型内部をシミュレーションし、修正手番・改造手番を大幅に短縮

流動解析 作業画面 3D SolidWorks 作業画面

お客様から支給されたデータを基に、三次元モデルを作製します。
次に、成形時の金型内部を「CAEシステム」を使ってシミュレーション(流動解析)し、製品の不具合要因を分析、解消します。
CAEシステムによって、修正や改造が有効かどうかをシミュレーションできますので、修正がカット&トライにならなくてすみます。
また、修正したCAEのデータを、金型を作るための加工マシンのデータに活用できますので、正確に短時間で加工に取り掛かることができます。
流動解析ソフト(CAEシステム)により、当社では、高品質の製品を短期間、低コストで製作することができ、さらにお客様のご要望に合わせた細かなご対応も可能となっております。

流動解析ソフト(CAEシステム)とは Computer-aided Engineeringの略。CADが設計に使うのに対し、CAEは3次元モデルを使って、断面を見たり、干渉チェックをしたり、樹脂の流れを解析したりするソフトウェアのことです。
金型設計・製作が短期間でできますので、コスト削減やCO2削減などにも貢献します。

ご質問やお見積り依頼、試作・開発などプラスチックのことならお任せください。 お問い合わせ

一貫生産体制で、品質・コスト・納期のご要望を叶えます。

富士合成株式会社の3つの工場と、グループ会社3社との連携により、創業以来の豊富な経験と実績で、お客様の企画を実現します。

  • プラスチック金型設計・製作から、成形・塗装・組立まで一貫体制
  • 高品質・低コスト・短納期でのご提供
  • このページの先頭へ戻る
  • このページの先頭へ戻る