1. HOME
  2. 技術紹介
  3. 金型設計・製作
  4. 金型設計・製作

金型設計・製作

金型設計・製作

金型設計・製作

流動解析ソフト(CAEシステム)導入。納期短縮・コスト削減・品質確保が可能です。

金型内部をシミュレーションし、ウエルドライン・ヒケ・変形・反り等問題を予測

金型加工 ~流動解析からご提案までの流れ~

  1. お客様から支給されたデータを基に、三次元モデルを作製します。
  2. 成形時の金型内部を「CAEシステム」を使ってシミュレーション。
    充填時間、充填信頼度、ウエルド・ヒケ・反り発生箇所、エアートラップ等を抽出
  3. 抽出した問題点は量産安定が可能な形状・方法を検討しご提案させて頂きます。

流動解析(CAEシステムに)よる利点

  1. 問題の可視化・リスクの低減
    問題点と解決案をご提案させて頂きます。
    修正や改造が有効かどうかをデータ上でシミュレーション出来ますので、カット&トライにならず修正・改造によるリスクも低減出来ます。
  2. 加工時間短縮
    修正したCAEのデータを、金型を作るための加工マシンのデータに活用できますので、正確に短時間で加工に取り掛かることができます。
  3. ニーズと生産ギャップを埋める 高品質の製品を短期間、低コストで製作することができ、お客様のご要望に合わせた細かな対応も可能となっております。





流動解析ソフト(CAEシステム)とは
Computer-aided Engineeringの略。CADが設計に使うのに対し、CAEは3次元モデルを使って、断面を見たり、干渉チェックをしたり、樹脂の流れを解析したりするソフトウェアのことです。
金型設計・製作が短期間でできますので、コスト削減やCO2削減などにも貢献します。